ED治療薬と併用してはいけない薬

併用禁止の薬はED治療薬の種類によって違う


ED治療薬には併用禁止の薬というものがありますが、この併用禁止の薬はED治療薬の種類によってそれぞれ違ってきます。

もし誤って併用禁止の薬と一緒に飲んでしまうと、最悪の場合死亡してしまう事も考えられますので、使用するED治療薬における併用禁止の薬をチェックし、くれぐれも間違えないように注意する必要があります。

バイアグラとの併用禁止の薬


ED治療薬の中で最も有名なのがバイアグラですが、このバイアグラでのみ併用禁止の薬としてあるのは、アンカロンを代表とする不整脈の薬が併用禁止の薬となります。

またアデムパスという肺高血圧症に効果があると言われている薬なども禁止とされていますので注意しましょう。

シアリスと併用が禁止されている薬


効果の持続時間が非常に長いということで有名なシアリスとの併用が禁止されている薬は数多くありますが、基本的には硝酸剤と呼ばれる血圧を下げる効果のある薬は禁止とされています。

なぜならシアリスというED治療薬には、それ自体に血圧を下げる作用があるため併用してしまうと危険なレベルまで血圧が下がってしまうからです。

レビトラとの併用禁止の薬の種類


レビトラというED治療薬との併用禁忌薬はシアリスと同様、硝酸剤などの血圧を下げる効果のある薬は禁止とされています。

その他にも水虫などといった感染症の治療薬でもある抗真菌薬や抗不整脈薬などといった薬も禁止されていますので、必ず確認しておきましょう。

全てのED治療薬で共通する併用注意の薬とは


実はED治療薬には禁止はされていないものの、併用する際には注意をしておく必要がある薬があります。

その代表としてあるのはα遮断薬です。
α遮断薬とは血管を収縮させる作用を持つα受容体の働きを遮断し、反対に血管を拡張することによって血圧を下げるような働きを持つ薬となります。

他にも高血圧の人によく処方されるアムロジンやノルバスクなどといった降圧剤も併用に注意が必要です。

さらには急性心不全治療剤でもあるカリペリチドやリファンピシンなどこCYP3A誘導剤もこの併用中薬の種類の中に入ります。

ここまで解説してきましたようにED治療薬には、それぞれに併用が禁止されている薬や注意が必要な薬が細かく存在しています。

いずれも自分自身で判断すると間違ってしまい、体に大きなダメージを与えてしまう可能性がありますので、最終的な判断は必ず医師に任せるようにしましょう。