レビトラ(バルデナフィル)の正しい服用方法

レビトラを正しく、安全に服用するためには


ED治療薬のレビトラは服用したほとんどの人に多少の副作用が現れると言われていますが、正しい服用の方法を守れば安全に利用することができます。

しかし、正しい服用方法を守ることができなければ、効果を得られなくなるだけでなく、大きな悪影響が体に出てしまうことにもなり得ますので、その方法を知っておく必要があります。

レビトラの正しい服用方法の具体的なステップ


レビトラを正しく服用するための初めのステップは、空腹状態を作るということです。
空腹状態を作るとレビトラの有効成分であるバルデナフィルを効率よく吸収できるようになるというのがその理由です。

具体的には最低でも食事を終えてから2時間以上あけてから飲むのが理想とされています。
ただしレビトラはバイアグラよりも食事の影響を受けづらいという特徴がありますので、どうしても食事を取らなければいけない場合には満腹にならないようにあっさりとしたもの食べてから服用すると良いでしょう。

空腹状態を作ったら次のステップで実際にレビトラを服用しますが、正しいタイミングとしては性行為の1時間ほど前が目安とされています。

ちなみにこの時にはグレープフルーツジュース以外で飲むようにしてください。
なぜならグレープフルーツで服用してしまうと、レビトラの副作用があまりにも強くなりすぎてしまう可能性があるからです。

レビトラ(バルデナフィル)の注意点


レビトラに配合されている有効成分バルデナフィルには、体に悪い影響を与えるため併用に注意が必要とされている薬と命の危機に陥る可能性があることから、併用が禁止されている薬があります。

その代表的なものとしてあるのは血圧を下げる硝酸剤や抗ウイルス薬、抗不整脈薬などがあり、その数は100種類以上をゆうに超えます。

ですので、現在日常的に何かの薬を服用している場合には、レビトラを服用する前に必ず医師にチェックしてもらうようにしましょう。

レビトラの服用で万が一異常が出たら


併用に注意が必要な薬や禁止されている薬を服用せず、かつ正しい服用方法を守ってレビトラを服用すれば、基本的には何事も心配する必要はありません。

またレビトラの副作用はほとんどの方に出ると言われていますが、それは薬としての正しい反応の結果であるため通常は副作用も気にする必要はないのです。

ただ一般的な薬と同じように正しい服用方法を守っていたとしても、ごく稀に体に異常が出ることも考えられますので、その時には安全のためにもなるべく早く病院に行き検査をしてもらいましょう。