バイアグラ(シルデナフィル)の副作用

バイアグラの副作用は実は怖くない


ED治療薬でもあるバイアグラには副作用が存在し、それぞれ程度は違うもののバイアグラを飲むほぼ全ての人に出ると言われています。

しかし、実はこれらの副作用は異常ではなく正しい反応の結果なので実は怖くないのです。

バイアグラ(シルデナフィル)で副作用が出る理由


バイアグラには有効成分としてシルデナフィルが配合されています。
そしてこのシルデナフィルは体中の血管を広げて血行を良くする血管拡張作用を持っていますが、実はこの血管拡張作用というものが様々な副作用を起こしているのです。

例えば、バイアグラの副作用の中に顔の火照りがありますが、これも顔中の血管の流れが良くなることによって起きています。

また血管が拡張されると血管の流れが良くなるため血圧が下がりますが、この血圧低下やめまいなどの現象もバイアグラの副作用となっています。

ただし、いずれの副作用も基本的にはバイアグラの有効成分がしっかりと効いているからこそ起きているもので、かつ症状の強さも通常はそこまで酷いものではないので全く心配する必要がないとされているのです。

バイアグラ(シルデナフィル)の代表的な副作用の症状


バイアグラの代表的な副作用の症状としてあるのは、血管拡張作用によって起こる顔のほてりや頭痛、鼻づまりや軽い動悸などがあります。
またもう1つの血圧低下作用では、軽いめまいなどが副作用として起きるとされています。

そしてこれらの副作用の症状は通常、薬が効いているうちだけ起こる一時的なものなので、例え起きたとしても特別な対処をする必要はほとんどなく、単に薬が効いているサインだと考えれば良いと言われています。

バイアグラの副作用が強い場合の対処法


バイアグラによって引き起こされる副作用は先ほども解説した通り、通常は特別な対処をする必要はありません。
しかし、場合によっては他の薬と同様に副作用が強く出てしまうことがあります。

例えば、その日の体調が優れていなかったり、何らかの理由でバイアグラの成分を多く吸収してしまうなどの条件で副作用が強く出ることがあるのです。
ですので、副作用が強く出てしまいどうしても耐えられないという状況になってしまった場合には安全のために早めに病院に行き、検査を受けるようにしましょう。

ちなみに頭痛が酷いというケースには、一般的な頭痛薬を飲むことで症状が緩和されますので、頭痛が強くなった時にはまず薬を飲んでみることをお勧めします。