バイアグラ(シルデナフィル)の併用注意と併用禁忌薬リスト

シルデナフィルが有効成分のバイアグラとの併用注意・禁忌薬について


バイアグラがEDの治療薬として効果を発揮する理由は有効成分としてシルデナフィルというものが配合されているからです。
しかし、このシルデナフィルという成分と併用するためには注意が必要な薬と併用すること自体が禁止されている薬が存在するため、バイアグラを服用しようと考えている方は事前に確認しておく必要があります。

バイアグラ(シルデナフィル)との併用注意薬リストとその理由


・CYP3A4阻害薬

バイアグラのシルデナフィルという成分が作用するためには肝臓にあるCYP3A4と呼ばれる酵素が必要なため、その酵素を阻害してしまう薬と一緒に飲むと効果が減ってしまうと考えられています。

そのためCYP3A4を阻害する薬との併用には注意が必要になります。

・チトクロームP450 3A4誘導薬

バイアグラとチトクロームP450 3A4誘導薬を併用してしまうとバイアグラではなく、誘導薬の血漿中濃度が低下する可能性があるというのが主な注意が必要な理由です。

・降圧剤やα遮断剤

降圧剤やα遮断剤というものには血圧を下げる作用がありますが、バイアグラにも同様に血圧を下げる作用があるため、併用してしまうと異常値まで血圧が下がってしまう可能性がありますので、併用には他の薬よりもより注意をする必要があります。

バイアグラ(シルデナフィル)との併用禁忌薬リストとその理由


・硝酸剤

硝酸剤に分類される薬のほとんどがバイアグラと併用することで、過度に血圧を下げてしまい失神や死亡に至る可能性があるため併用が禁止されています。

ちなみに硝酸剤にはアイトロール錠やニトルビン錠、亜硝酸アミルなど50種類以上ありますので、間違えて服用しないように注意が必要です。

・塩酸アミオダロン製剤

塩酸アミオダロン製剤に分類される薬も硝酸剤と同様に血圧を異常値まで下げてしまう、というのが併用が禁止されている理由となります。

併用注意薬と併用禁忌薬かどうかは必ず医師に確認を取る


このようにバイアグラの成分でもあるシルデナフィルとの併用が注意されている薬と禁止されている薬にはかなりの数が存在します。

現在でもその数は増えており、医師以外の方では個人で併用することが可能かどうか判断することは非常に難しくなっています。
そのため普段から服用している薬があるのであれば、安全を確保するためにもバイアグラと併用する前に必ず医師に確認をとるようにしましょう。