バイアグラと硝酸薬”ニトロ”の併用は危険です

バイアグラと硝酸薬のニトロの併用は絶対に禁止


ED治療薬の中で最も認知度の高い薬がバイアグラですが、このバイアグラは狭心症などの症状に対して効果があると言われているニトログリセリンが入っている硝酸薬との併用は絶対に禁止とされています。

もし間違えてこのニトロ系の硝酸薬とバイアグラを併用してしまった場合には、血圧が異常なレベルまで下がってしまい失神を起こしてしまったり、場合によっては死に至るケースもあると言われているほどです。

ニトログリセリンが入った硝酸薬との併用で血圧が異常に下がってしまう理由


バイアグラとニトログリセリンが入った硝酸薬を飲むことで血圧が異常に下がるのは、それぞれの効果が同じであるということに理由があります。

ニトログリセリンが入った硝酸薬は体中の血管を広げる作用があるため、飲んだ後には血圧が下がるようになっていますが、実はバイアグラというものも硝酸薬と同じように血管を広げて血圧を下げる作用があるものなのです。

なので、これらの薬を同時に併用してしまうと血圧を下げる作用が過度に働いてしまい、結果的に血圧が異常値レベルまで下がってしまうのです。

このような理由があるため基本的にはニトログリセリンが入った硝酸薬を服用している方には、バイアグラなどは処方そのものが禁止されているのです。

ニトログリセリンが入った硝酸薬以外にも併用禁忌薬はあるので注意


バイアグラとニトログリセリンが入った硝酸薬など以外にも併用禁忌とされている薬は多くあります。

例えば、抗不整脈として処方されるアミオダロン製剤という種類に分類される薬や、肺高血圧症に処方されるアデムパス錠などといった薬も併用が禁止とされているのです。

この他にも併用が禁止されている薬は本当に多く存在しているため、普段から何かしらの薬を服用している場合にはそれが禁忌薬とならないか必ず医師に確認してもらうようにしましょう。

間違ってニトログリセリンが入った硝酸薬を併用した時の対処法


万が一、ニトログリセリンが入った硝酸薬やその他の併用禁忌薬と一緒にバイアグラを服用してしまった場合には早くて1時間以内に血圧が非常に下がってしまい危険な状態になるなどの異常が起きると考えられます。

そのため間違って併用してしまった場合には、可能な限り早く病院に行くか、場合によっては電話で救急車を呼び、治療をしてもらうようにしましょう。