シアリス(タダラフィル)の併用注意と併用禁忌薬リスト

シアリスのタダラフィルに併用注意薬と併用禁忌薬がある理由


ED治療薬のシアリスには有効成分のタダラフィルが配合されていますが、このタダラフィルには併用に注意が必要な薬と禁止されている薬があるのです。

その理由はタダラフィルという成分が持つ作用が併用する薬と影響し合い、異常なほどの血圧低下などといった異常を起こしてしまうと考えられているからです。

シアリスの併用注意薬


シアリスのタダラフィルとの併用に注意が必要な薬の種類はCYP3A4という酵素を阻害、もしくは誘導する薬、HIVプロテアーゼ阻害剤、α遮断薬、降圧剤、そしてカリペリチドがあります。

これらの薬とシアリス(タダラフィル)と併用してしまうと、薬の効果が強く出すぎてしまったり、血圧が若干下がり気味になってしまったりすることが実験により分かっているため併用することに注意が必要となっているのです。

ただし、これらの薬と併用する時にどのように注意をすればいいのかというのは人それぞれの体の状況や摂取している薬の種類によって変わってきます。
ですので、上記に該当する薬を日常から服用している場合には、必ず医師に見せ、シアリスとの併用の際に安全を確保するために具体的にどうしたらいいのか確認するようにしておきましょう。

シアリスの併用禁忌薬


シアリスとの併用が禁止されている薬の種類は、硝酸剤全般、慢性血栓塞栓性高血圧症の薬があります。

これらの薬はタダラフィルと併用してしまうことによって、血圧を下げる作用が異常に働いてしまい結果的に失神を起こしてしまったり、場合によっては死亡してしまうことも考えられるため併用は絶対に禁止されているのです。

ちなみに硝酸剤と呼ばれる種類の薬は飲み薬や舌下錠、貼り薬など様々な種類がありますが、硝酸剤としての薬であれば種類は関係なく併用は禁止となっていますので注意してください。

シアリスを個人輸入して服用する場合には注意


現在、日本ではインターネットなどを利用することによって、個人でシアリスやシアリスのジェネリックを購入することが可能です。

しかし、個人で購入する場合には医師の判断がないため、誤って注意薬や禁忌薬と併用してしまう可能性が考えられます。

そのため個人輸入してシアリスを服用しようと考えている方は、服用前に必ず医師に現在使っている薬を見せて服用してもいいかどうか確認するようにしてください。